食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん バイオの力で生ゴミを大幅減容

日々排出される生ゴミを自然界に生息していた微生物の力をかりて、環境に負担をかけることなく処理をしていきます。
詳細

電解水衛生環境システム 守る水 院内感染対策に次亜鉛素酸が高い除菌能力

洗浄力の「アルカリ性電解水」。除菌力の「酸性電解水」。電解水の二つのチカラが、細菌を除去した真の「清潔」を実現します。
詳細

食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん・よくあるご質問

ご質問内容をクリックすると回答が表示されます。

Q1 発酵分解できる生ゴミの種類にはどんなものがありますか?

A1. 残飯、野菜、魚肉類などの生活上排出される生ゴミはすべて分解されます。
但し、骨(カルシウム)等の無機質成分は細かく破砕分解されて見えなくなりますが、処理槽内に蓄積されます。

Q2 生ゴミを発酵分解するというのはどういう意味ですか?

A2. 発酵分解とは、有機物(生ゴミの主な成分)が発酵作用を持つバクテリアにより分解され、水と炭酸ガスに変化することです。 バクテリアが有機物からカロリーと養分を得て、水と炭酸ガスを放出する生命活動を利用しているものです。但し無機質(骨等)は発酵分解されません。
撹拌によって細かく破砕されますので形は見えなくなります。

Q3 生ゴミ処理機の中がいっぱいになることはありませんか?

A3. 投入した生ゴミが約1/10に減容されますので、この処理機からの残渣の取り出しは数カ月に1度程度の頻度です。

Q4 生ゴミの投入量の規定を超えてしまった時は?

A4. 多少超えてしまうのは構いませんが、連日の超過投入はバクテリアの寿命を短くしてしまう恐れがあります。

Q5 生ゴミの水切りはどの程度必要ですか?

A5. ザル、カゴ等で簡単に水切りする程度で十分です。 水が滴り落ちない程度が最適です。
ザル付きの専用バケツの販売もしています。

Q6 バクテリアを長持ちさせるためには?

A6. 基本的に偏った生ゴミ(例えば毎日野菜しか投入しない等)を投入しないことと、菌体(バイオテックユーノサ)の水分比率がバクテリアをより長持ちさせるポイントとなります。

理想的な水分比率は約30~50%が理想とされています。これ以上水分が多い状態が続くとバクテリアの劣化が進んで、交換時期が早くなることがあります。

Q7 臭いが心配ですが・・・。

A7. 生ゴミの主な成分である有機物がバクテリアにより水と炭酸ガスに分解される過程では、メタンなどの悪臭の元となる物質が生成されます。 この分解過程がスムースかつ迅速に最終段階まで行われると、悪臭の元となる成分の生成は極力抑えられます。 当社の「マジックバイオくん」では、この有機物の処理を迅速かつ効率的に水と炭酸ガスに分解するように開発したバクテリア(バイオテックシリーズ)を使用して悪臭の元となる物質の発生を抑えてあります。
これに加えて、脱臭装置を標準装備していますので臭い対策は万全です。

Q8 処理槽内に虫が発生してしまうことは?

A8. 「マジックバイオくん」は、発酵分解が迅速に行われるため、虫の発生を誘発する菌体資材の変質や腐敗などは起こりません。

Q9 消耗品、菌体の交換等、メンテナンスが大変なのでは?

A9. 清掃、交換のサイクルは脱臭資材で平均1~2カ月に1回程度、菌体は年1回ですのでお客様にて十分対応して頂けます。 それでも大変と思われる方は当社へご相談下さい。

Q10「マジックバイオくん」で処理した後のものは、有機肥料になりますか?

A10. 有機物が主な成分である生ゴミを発酵分解処理した後の残渣は、有機肥料の原料になります。
但し、処理物である生ゴミの内容、成分は投入される生ゴミによって異なりますので一定の品質が保証できません。このため、通常、未加工の残渣はそのまま有機肥料として取り扱えないという点にご注意下さい。

Q11 決められたサイクルで清掃、交換をしなかった場合どうなるの?

A11. 清掃等の目的は、装置の運転をスムーズに行うのは勿論のこと、消耗品を長く維持するためや、より効果的な脱臭を行う等たくさんの目的があります。使用状況にあわせたメンテナンスでお客様のコストの負担も軽減します。

Q12 生ゴミ処理機からの排水はどのように処理するのですか?

A12. マジックバイオくんは、処理槽を温めて水分を蒸発させるため排水の必要はありません。

資料請求・お問合せはこちらから
プライバシー・ポリシー
このページの上に戻る