食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん バイオの力で生ゴミを大幅減容

日々排出される生ゴミを自然界に生息していた微生物の力をかりて、環境に負担をかけることなく処理をしていきます。
詳細

電解水衛生環境システム 守る水 院内感染対策に次亜鉛素酸が高い除菌能力

洗浄力の「アルカリ性電解水」。除菌力の「酸性電解水」。電解水の二つのチカラが、細菌を除去した真の「清潔」を実現します。
詳細

食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん・処理工程

生ゴミ投入
野菜くず:16kg,残食:21kg,購入食品9kgの合計46kgを投入した場合です。
生ゴミ投入(撹拌槽内部)
野菜くず、残食、購入食品の順番で投入します。
生ゴミ投入後2回転
大根・キャベツは半分にし、魚は丸ごと入れています。これから1時間かけて生ゴミを破砕していきます。破砕といってもただ細かくするだけではなく、練り潰すように攪拌していきます。最終的にはこの生ゴミが、水蒸気と炭酸ガスにまで分解されます。
投入後20分経過
たけのこの皮のように繊維質のものはまだ残っていますが、時間が経つと糸くずのように小さくなっていきます。
投入後40分経過
最初に投入したものは確認できないほどになりました。
槽内の温度は高くなり、少しずつですが蒸気も確認できるくらい出ています。
投入後1時間経過
繊維質の部分が完全に処理されるには時間がかかりますが、かなり細かくなりました。投入したもののほとんどは確認できないくらいに練り潰されています。
これから菌体による発酵分解作用が行われ、槽内温度も上昇し生ゴミに含まれる水分もどんどん蒸発して炭素ガスと共に大気中に出ていきます。
資料請求・お問合せはこちらから
プライバシー・ポリシー
このページの上に戻る